まねきねこのねこじゃらし

<   2008年 03月 ( 31 )   > この月の画像一覧

月末連載 「春の花」3

座喜味城址の沿道に咲くピンクボール♪

アフリカ大陸の東部原産の常緑低木樹です。小さな花が40~50個集り、大きな半球体を形成しています。蜜が多く、甘い香りがします。

f0132946_1144511.jpg



f0132946_115743.jpg


☆ ピンクボール ☆

   学名:ドンベア(アオギリ科)
   学名:Dombeya wallichii
   別名:ピンクボール
開花時期:2月~3月
[PR]
by osamponeko | 2008-03-31 11:11 | 月末連載

月末連載 「春の花」2

ひまわり畑~♪

え~~っ! いまごろ向日葵~? ってびっくりするかも知れませんが
沖縄では向日葵が年に2回咲きます。
  http://www.okinawainfo.net/himawari.htm

f0132946_1482778.jpg



f0132946_1494871.jpg


☆ ひまわり☆

菊 (きく)科。
学名: Helianthus annuus
Helianthus : ヒマワリ属

別名: 「日輪草」(にちりんそう)、
   「日車」(ひぐるま)。


月末なんで、休日出勤しています…(=。=)しくしく
[PR]
by osamponeko | 2008-03-30 14:12 | 月末連載

月末連載 「春の花」1

月末に突入~~ (* ̄m ̄)

今月は連載 「春の花」 でお付き合い下さい。

日本で一番早く咲く桜は、なんと1月に花が咲きます。

本土ではまだこれから寒くなる中、沖縄では琉球寒緋桜が満開になります。

寒緋桜は本土でも咲くが、花びらがぱぁーっと開きません。垂れ下がった花の様に咲きます。釣り鐘型の花と呼びます、琉球寒緋桜はぱぁーっと咲くので本土の寒緋桜と種類が違うのかとも思ってしまいます。

f0132946_23699.jpg




 


トロピカルチェリー♪
f0132946_2372099.jpg


☆ 寒緋桜 ☆

カンヒザクラ(寒緋桜)  バラ科  
学名:Prunus cerasoides var. campanulata
別名:ガンジツザクラ(元日桜)
花期:春
[PR]
by osamponeko | 2008-03-29 23:11 | 月末連載

囚われ


f0132946_10423679.jpg


何に 囚われているのですか

過去の 喜び 悲しみ 怒り ?

未来への 希望 憧れ 不安 ?

囚われているのはいったい何ですか




強靭な 目の前のフェンスは

軽い一息だけで

瞬く間に 消えてしまう事を 知っていますか ?



いまここ、この瞬間

縛るものは何もありません

いまここ、この瞬間

  限りなく自由です

f0132946_10472938.jpg

[PR]
by osamponeko | 2008-03-28 10:49 | 風景

佇む人。。。


ざっぶ~~~ん!!
f0132946_17333051.jpg


                 佇んでいるだけです。。。  


     気にしないで下さい。。。
f0132946_1735129.jpg



ざっぶ~~~ん!!







マジ。。。 すげぇ~ p[【◎】]ω・´)  
f0132946_17383955.jpg

いい写真撮れました~?  ♪(=ω=) 
[PR]
by osamponeko | 2008-03-27 17:46 | 風景

男の釣り

その場所に降り立つと、ほろ苦い空気が肺の中に広がる

唇をそっと舐めてみる  濃い海の味だ。。。
私は慌て、肩から下げているカメラを懐に仕舞い込む

潮のミストは岩に打ちつけられた波が目に見えない細かい粒になり
吹き上げられる風に乗ってやってくる

場所は残波岬
その名の通り、荒々しい波がいつまでも残る、断崖絶壁の岬である。



荒く剥きだしたゴツゴツの岩肌を注意深く渡った私は 期待に胸を膨らませ
岸壁を覗き込む。。。  居たっ!

打ち寄せる飛沫を足下に、岸壁に張り付くように男達が竿を握っている。
f0132946_10304776.jpg

海面からの高さはゆうに30メートルはあるだろう
打ち衝ける波も5メートル以上だ、その場所で釣りをする男達がいる。
彼等の獲物はGTやクエ、大物狙いである
道糸100号ハリス70号クエ針40号 餌も生きた魚だ。
f0132946_10335355.jpg

ひとつ間違えば真っ逆さまに紺碧の海に飲み込まれてしまうその場所で
男達は何時間も粘っている
実際、この場所で何人が帰らぬ人になったのか。。。
新聞に悲しい記事が載った事も少なくない
f0132946_10345184.jpg

それでも此処へ来ると黙って海を眺める男達を見る
彼らは何を求めて此処へ来るのか

彼らが沈黙の狭間に見ているものは何なのだろうか。。。
f0132946_10353523.jpg


   。゜・。・o゜・。゜・。・o゜・。゜・。・o 。゜・。・o゜・。゜・。・o゜・。゜・。・o゜・。゜・。

1週間後にまた来てみました。 これ位の波だと流石に釣り人は居ませんでした (^_^;) 
f0132946_10373855.jpg

[PR]
by osamponeko | 2008-03-26 10:51 |

ぷっかり♪ぽっかり♪

3月23日から沖縄タイムス第60回沖展が浦添市の市営体育館で開催されています。

写真を始めて2年が過ぎた昨年10月、

来年は観る沖展から参加する沖展に一歩前進しようと思い

沖展への応募を決心しました。

去年撮った写真の中で一番気に入っていた、「ぷっかり♪ぽっかり♪」を提出したことろ

入選との嬉しいお知らせを頂き、今月の開催を心待ちにしておりました。

この写真は沖縄北部今帰仁村の羽地内海に浮かぶ艀で釣りをする方々を撮ったもので

ぷっかり浮かぶ艀とその上にぽっかりと浮かんだ雲で長閑な釣りの時間を切り取ったものです。

一番好きな写真が評価されてとても励みになりました。
   
今回は大きな画面でご覧下さい クリックしてね♡”
f0132946_112153.jpg

[PR]
by osamponeko | 2008-03-25 11:07 | 風景

うれシーサー♪

陶器市で他県と違う展示物と言えばこれ!

ご存知、シーサー君♪(=ω=) 
近年では既存のオーソドックスなシーサー君に加えて、ユーモラスなシーサー君も多数お目見えしています。

カッコイイさぁ~♪
f0132946_16553020.jpg


V(^-^)V さぁ~♪
f0132946_16565195.jpg


カラフルさぁ~♪
f0132946_1657281.jpg


早く泳ぎたいさぁ~♪
f0132946_16581195.jpg


一家団欒さぁ~♪
f0132946_1658481.jpg


うれシーサー♪
f0132946_16592620.jpg

県内の至る所に鎮座してるシーサー君
あまりにも身近すぎてカメラを向けることを余りしませんでしたが
色んな表情のシーサー君をコレクションすると楽しいでしょうね。。。(^_-)-☆
[PR]
by osamponeko | 2008-03-24 17:21 | 静物

ムーンビーチおきなわ全島やちむん市

恩納村にあるムーンビーチで今年も「全島やちむん市」が開催されました。

今回も沖縄全島から個性豊かな窯元が多数出展しております♪(=ω=) 

本日23日は最終日、朝から雨模様で愚図ついたお天気でしたが現場に到着すると駐車場の確保に困るほど大盛況でありました。
ホテルでの開催とあって、なかなかお洒落な雰囲気です。
f0132946_0141569.jpg
ビーチは風が強そうです!

f0132946_0152841.jpg



f0132946_016140.jpg



f0132946_0164497.jpg



f0132946_0171822.jpg
楽しくて時間も忘れてしまいます♪




でも、付き添いの方は。。。
f0132946_0175596.jpg
まだ、見るのかねぇ~ …(=。=) 


ちょと、かっこいい お兄ちゃん
麦わら帽子にウィンドブレーカー、ジャージに雨長靴
トータルすると、なんと うちなわんカーボゥイ!
f0132946_025450.jpg
お願いして1枚撮らせて頂きました(o^-')b
[PR]
by osamponeko | 2008-03-23 23:59 | 人物

春色の花木

石川展望台に向かう途中で見つけたイッペーの花木
青空に浮かんだような黄色の花が綺麗でした♪(=ω=) 
f0132946_0114251.jpg

学名:Tabebuia chrysotricha 別名:コガネノウゼン
「イッペー」はブラジル原産の落葉樹で、桜と同じように冬には葉が落ち、花が咲き終わると新芽が吹き出します。例年3月から4月にかけて、鮮やかな黄色の花がいっぱいに咲き誇ります。




座喜味城址の沿道を暫く走ると、吹雪のような花の絨毯が目に飛び込んでくる
花の名はその印象のとおり、吹雪花
f0132946_0152865.jpg
実際はもっと感動する美しさなのですが、未熟者ゆえ表現できないのが歯痒いです(-.-;)

フブキバナ(吹雪花)
シソ科テトラデニア属
南アフリカ原産の常緑多年草
円錐花序を伸ばし、白い小花をいっぱいに咲かす
風に吹かれ白い花弁が粉雪のように舞う様子が名前の由来です。
[PR]
by osamponeko | 2008-03-22 00:21 | 植物