まねきねこのねこじゃらし

ぶらんこ ♪



f0132946_16552995.jpg

                   おさないとき

              てばなしで うれしかった こと

                 たのしかった こと

                 かなしかった こと


                    いまでも

                こころのおくに ながれる

                  その きもちは 

                  かわっていない


               そんな おもいに ふれたとき

                   てばなしで

                 うれしくなって しまう

[PR]
# by osamponeko | 2008-07-02 16:57 | 人物

月末連載イロイロ ♪  (サーフィン)

北谷町の宮城海岸はサーフィンに興じる若者で溢れている。


しまった! 出遅れたぜぇ。。。(汗)
f0132946_20494496.jpg


f0132946_20502494.jpg


f0132946_20512398.jpg


f0132946_2053146.jpg

[PR]
# by osamponeko | 2008-07-01 15:54 | 月末連載

月末連載イロイロ ♪  (琉球ガラス)

沖縄の夏には涼しげな琉球ガラスのコップが良く似合う♪
f0132946_12511069.jpg


琉球ガラス Wikipediaより
現在の沖縄地方には、アジアとの貿易を通じて比較的早くガラス製品がもたらされていたと考えられている。また、その製造は明治時代中期には始まっていたとされるが、この項で述べる「琉球ガラス」は、太平洋戦争後の資源難のため、アメリカ軍基地で捨てられたコーラやビールの空き瓶を溶かして再生したことから始まる。雑多な瓶を溶かして再生したことから、厚手の赤色や緑色などの多彩な色合いとなり、再生の過程で混入する気泡と相まって独特の味わいをもつガラス製品となった。

冷蔵庫の普及と共に、沖縄で良く飲まれる泡盛をロックで飲む機会も多くなり、旧来の酒器であるカラカラから、広口の琉球ガラスのコップを使うようになった。このことが、沖縄が観光地化するにつれ観光客の目にとまり、その手作り感と泡盛とあう涼しげな器ということで人気が出た。

現在は、いわゆる沖縄ブームもあってメーカーや工房も増え、それぞれが腕を競い合い、廃瓶だけではなく新規にガラスの溶解から始めるなど、新たな材料や手法なども取り入れており、表現方法も作品からギフト向けまで多彩に発展しつつある。また、琉球ガラスの職人が「現代の名工」に選出されるなど、沖縄の伝統工芸や地域ブランドとしての認知度を高めている。


f0132946_12532276.jpg


f0132946_1381222.jpg


f0132946_1384781.jpg




こんなオブジェも ♪

f0132946_13125437.jpg



f0132946_1310401.jpg

[PR]
# by osamponeko | 2008-06-30 13:13 | 月末連載

月末連載イロイロ ♪  (バラ図鑑)

沖縄県東村かぐや姫にて撮影 (2007年)

f0132946_239104.jpg
  

f0132946_2310973.jpg


f0132946_23104353.jpg


f0132946_23173086.jpg

綺麗な薔薇ばかりであった。。。。

名前は。。。忘れた。。。   すんまそん  m(_ _)m
[PR]
# by osamponeko | 2008-06-29 23:18 | 月末連載

月末連載イロイロ ♪  (雲の滑走路)

月末に突入~~ (* ̄m ̄)

ネタ切れで困っています(^_^;)

まとまりのない月末連載になりますが宜しくお願いしますw 




今日は通勤途中の嘉手納飛行場の雲の滑走路♪
f0132946_1411508.jpg


f0132946_14121992.jpg


f0132946_14124915.jpg


f0132946_14131285.jpg



嘉手納飛行場 Wikipediaより
嘉手納飛行場(かでなひこうじょう、Kadena airfield)は、沖縄県中頭郡嘉手納町・沖縄市・中頭郡北谷町にまたがるアメリカ空軍の空軍基地。在日アメリカ空軍(第5空軍)の管轄下にある。嘉手納空軍基地(かでなくうぐんきち、カデナ・エアー・ベース、Kadena Air Base=米軍内での正式な呼称)、アメリカ空軍嘉手納基地(アメリカくうぐんかでなきち)、あるいは単に嘉手納基地(かでなきち)と呼ばれることが多いが、日本の公的資料では「嘉手納飛行場」と呼称されている。

総面積は、約19.95km²。4,000m級の滑走路2本を有し、200機近くの軍用機が常駐する極東最大の空軍基地である。なお、成田国際空港と関西国際空港には4000m級の滑走路が1本ずつしかないため、2本ある嘉手納基地は日本最大の飛行場ということになる。面積においても、日本最大の空港である東京国際空港(羽田空港)の約2倍である。

[PR]
# by osamponeko | 2008-06-28 14:16 | 月末連載