まねきねこのねこじゃらし

タグ:読谷 ( 5 ) タグの人気記事

下がり花

沖縄の河口域に自生するサガリバナ(Barringtonia racemosa)は、夏の夜に芳香とともに咲き、水面に浮かぶ花びらが幻想的な世界をつくり出します。
f0132946_17254023.jpg

古くから庭木に用いられ、その美しさは琉球の古典にも登場します。今沖縄では、民家の庭木や観葉植物、水辺植生再生や公園・街路の緑化樹種として重宝され、『夏の夜の花見』として親しまれ根強い人気があります。
f0132946_17292753.jpg

サガリバナは、奄美大島以南の琉球列島に分布しており、河口のマングローブ後背地に自生する小高木です。同種は毎年6月下旬から7,8月の間、夜に芳香を放ちながら白やピンクの花を咲かせ、その朝に雄しべ(花びら)を散らします。暗闇で芳香とともに咲き、そして散った花びらが水面に浮かび、辺り一面を白やピンクで敷き詰めたような光景は、実に幻想的です。
f0132946_17324598.jpg

今では、沖縄の夏の風物詩として広く知られ、『夏の夜の花見』として定着しつつあります。また、那覇の首里では同種を「キーフジ」と呼び、古くは琉球王朝によって庭園樹に用いられました。現在でも庭木や観葉植物として根強い人気があり、水辺植生の再生、公園や街路の緑化樹種として、重宝されています。
f0132946_1733358.jpg


先日、サガリバナを見てきました。サガリバナは夏の夕方、暗くなりはじめる8時ごろ咲きだし、翌朝には落ちてしまう美しい花。毎年6月下旬から7月上旬に見ごろを迎えます。


f0132946_1734487.jpg
   これも小さな宇宙だね。。。
[PR]
by osamponeko | 2008-07-07 17:41 | 植物

花より団子

20日の夕暮れ、家路を急ぐ私の目の前にクリーミィーな雲が広がっていた。
抜けるような青空にこんな雲が棚引く時は、とびっきりの 夕焼け を見ることができる。
とろけるような白い雲が茜色に染まっていく様を想像しただけでワクワクしてくる
しかし、問題があった。
娘達はバイトなので食事の支度をお願いできる人がいない、困った。。。

時間が無いのは分っていたがとにかく現場へいってみることにした
私はいつもの道を外れて渡具知の海岸へ向かった。。。
f0132946_16321942.jpg

海岸には夕陽をみようと腰を下ろしているカップルが3〜4組
わんこを散歩させているお兄さん、孫の子守のおばあちゃんがゆっくりと陽が落ちるのを待っていた。
私は時間が無いので、早く陽が落ちてくれないかと思いながらシャッターを切っていたが、
心とは裏腹に、陽が沈んでもなかなか赤く染まってくれない。。。

あと、5分…あと5分…  ううっ…ついに、タイムアウトだ(涙



お姉さん、夕陽よりアイスだよ♪
f0132946_16342335.jpg
 そうだね、夕ご飯、作らなきゃ。。。
   おばさんと言わなかった君はいい子だ!



後ろ髪をひかれながら海岸を後にした。。。



残念だったね。。。
f0132946_16352135.jpg


スーパーで買い物を済ませ外にでると空が赤く染まっていた。。。(号泣
f0132946_16361145.jpg

f0132946_1637015.jpg




[PR]
by osamponeko | 2008-06-24 16:43 | 朝日・夕陽

ガンガン(ё_ё;)

今日はず~~~~とデーター入力作業で一日が終わった。。。
パソコンをず~~~と見ていたので、目の奥が痛くて頭がガンガンしています =w=; 


せめて写真でもすっきりしたいので。。。
f0132946_22404411.jpg
宇座海岸から見た残波ロイヤルホテル

今日はもう寝ます。。。         お休みなさい.。o○
[PR]
by osamponeko | 2008-03-07 22:56 | 風景

無限

読谷やちむん市の続きです(*^-^)b

こんなコーナーもありました♪

f0132946_1638791.jpg


小さな手☆
f0132946_16395145.jpg


小さな手☆
f0132946_16401536.jpg


小さな手☆
f0132946_16404641.jpg


     。゜・。・o゜・。゜・。・o  。゜・。・o゜・。゜・。・o゜・。゜・。・o  。゜・。・o゜・。゜・。・o゜・。゜・

                        貴方の

                      その小さな手が

                      創り出す世界は

                       無限だから。。。


                         私は

                         そっと

                      見守ってあげよう。。。



                小さき者の無限の可能性に幸あれ♡”
[PR]
by osamponeko | 2008-02-25 16:48 | 人物

第15回読谷やちむん市



中部の読谷村で催されている焼き物市へ行ってきました♪(=ω=) 

f0132946_23112594.jpg
あっ 兄貴!お久しぶりっす☆             おう! ゆっくり見ていきや!

沖縄の代表的な焼物「壺屋焼」の歴史はおよそ400年。 時の琉球王府が薩摩から朝鮮人の陶工を招き、朝鮮式陶法を習得したのが始まりといわれています。その後、焼物産業の発展のため、県内各地から焼物職人を招集。現・那覇市壺屋で焼物を作らせたので壺屋焼といわれるそうです。

 壺屋焼には釉薬をかける上焼(じょうやち)と、かけない荒焼(あらやち)があり、上焼は約1200度、荒焼は1000度前後で焼き上げます。上焼はおもに碗、皿、鉢、壺などの日用品。荒焼は酒甕などの大型容器を中心に作られます。戦時中、壺屋の窯はすべて閉鎖されましたが、終戦とともに米軍は収容所から焼物職人を解放。戦禍で失われた日用陶器の生産のため、壺屋に送還しました。

 こうして壺屋焼は復活。しかし、時代の移り変わりとともに煙害という新たな問題も発生。付近の住民から窯の煙に対する苦情が相次ぎ、登り窯(薪を使う窯)はついに廃止に。ガス窯への移行を余儀なくされました。廃藩置県・戦争・そして煙害問題と、さまざまな障壁を乗り越え今にいたる壺屋焼ですが、現在では沖縄を代表する工芸品に成長。那覇市壺屋のやちむん通りをはじめ、読谷村の工房など、多くの場所で買うことができます。

近年本島中部の読谷村には昔ながらの登り窯で壺 屋焼を焼く工房が多数集まり、年に何度かやちむん市が催されています。

 おっ、これいいね!
f0132946_23265821.jpg


f0132946_23282976.jpg
 どれにしようか迷っちゃう♪

  此方はお買い得品満載♪
f0132946_23294627.jpg



f0132946_23305591.jpg

  ねこが欲しかった藍の絵付けの大皿。。。お高くて手がでなかった (ё_ё;) 


楽しかったので明日も行ってきま~す ♪(≧∇≦) 
[PR]
by osamponeko | 2008-02-23 23:45 | 人物